50代で変形性膝関節症になるなんて。北国の恵みを教えてもらってからは

1ケ月くらい前から左膝が痛み出しました。

最初は気のせいかと思っていましたが、階段を昇降やしゃがむ時に痛みが増すようになりました。

あまりひどくならないうちに医師に診てもらった方がよいと思い、近所の整形外科へ行きました。

レントゲンを見た医師は「膝の軟骨が少しすり減っているね。でも軽いからすぐ治るよ。」と言いました。

何気なくカルテを見ると左変形性膝関節症と書いてありました。

私は福祉関係の仕事をしているので、変形性膝関節症が高齢者の病気だと知っていました。

50代で変形性膝関節症になってしまったことがショックでした。

医師からは痛み止めの薬をもらいましたが、一度薬で頭痛や目眩の副作用があったのであまり飲みたくないと思っていた時に北国の恵みを同僚から教えてもらい買ってみる事にしました。

最初の方はさすがにサプリメントという事もあって、特に何か実感することもなく、「まあ、こんなものかな」と思っていたのですが、2ヶ月ぐらいを過ぎたあたりから時々に実感できているかも?と思える時がちらほらでてきました。

それからこれは続けた方が良いかな?と自分でも納得できたので、今はもう1年以上続けています。
(因みに、医師から言われた「軽いからすぐ治るよ。」の「すぐ」というのはどれぐらいの期間を指しているのは未だに不明・・・)

今ではほとんど膝に痛みが感じることもなく、仕事も普通にできています。

北国の恵みは薬とは違ってサプリメントなので、誰にでも効果があるかと言われるとちょっと疑問に思いますが、もし他のグルコサミンやコンドロイチンなどの関節痛の為のサプリメントを飲んでも効果が実感できなかったという人は試してみる価値はそれなりにあるのでは?と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です